ダイビング器材を大切に扱うには

大好きなダイビングをいつまでも安心して楽しく続けていくためにマイ・ダイビング器材を購入する人も少なくありません。

器材はいつまでも愛用していきたい大切なパートナーのようなものです。ダイビングを楽しんだ後は、次回も気持ちよく使用できるように心を込めて洗うことが大事になります。海水が付着したまま器材を放置すると乾燥して塩が付着してしまい見た目もサビがついたり変色してしまう恐れがあります。また、部品の劣化原因にもつながり、せっかくの高機能をいかせなくなってしまうのでしっかりと水洗いをして風通しのいい場所で乾燥させることが重要です。

ダイビング器材の中でも一番といってもいいほどBCは洗うのにコツがいります。まずはBCの空気を抜いて器材を洗う水槽にしばらくつけておくのがポイントです。家に帰ったら一晩くらいつけておくのが理想的ですが、現地ならほかの3点セットを洗い始める前ににつけこんでおきます。その後、少し空気をふくらませてインフレーターの排気ボタンをおしながら真水をいれて中身もしっかり洗うようにすることが大事です。

さらに、内部に入った真水を残さないように排気ボタンを押しながら水を外に排出します。インフレーターのホースからだけでは水が抜け切れないので肩口にある排気プルボタン利用して排水するのも手です。中身をしっかり洗わないと塩だらけになってしまいインフレーターの操作ボタンが正常に動かなくなり危険ですし、カビの原因にもなるので次回も楽しめるようにしっかり塩抜きすることが重要になります。
ヨガウェアのことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *