自分のサーフィンレベルにあったボード選び

サーフィンを始めるのならボトムとテール、フィンの働きを知り、自分のサーフィンレベルに合わせたボードを選ぶことが大事です。

ボトムはサーブボードのパーツの中でもこだわる人が多い場所で、波面と接するパーツになります。このデザインによってサーフボードのスピードが大きくかわります。ボトムにはターンの直進性やボードのコントロールの性能を追求したものが多く、ライディングスタイルによって様々です。一般的にクセがなく扱いやすいといわれるのがVボトムやフラットボトムでサーフィンレベルがビギナーでも扱いやすくなっています。

また、テールはサーフボードの末端部分のことでターンやテイクオフのバランスコントロールをつかさどる大切な役目をもつパーツです。ボトムやフィンと同じようにいろいろな形があり、ボードを選ぶときの重要なポイントの一つなので自分のレベルやスタイルに合わせて選んでいきます。

小さい波をリズミカルに乗りこなす、大きな波をダイナミックに乗るなど用途によって選ぶべきテールデザインもいろいろで初心者にはテール幅が比較的広いラウンドテールが扱いやすいです。そして、ボードのボトム側にあるフィンは方向を変える舵の働きをします。別名スケッグといわれ大きさや形も様々です。ボードを作るほうも選ぶほうも重視するパーツの一つで主流はスピードと回転性がバランスよくマッチしたトライフィンですが、いずれのタイプにしても自分のスタイルに適したものを選ぶことが肝心です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *