サーフィンを学ぶ際の注意点について

サーフィンを学ぶならばいくつかの方法があります。

親や親戚などが経験者ならば手ほどきを受けましょう。友達がサーファーの場合も教えてもらえるか相談するとよいです。周りに経験者がいない場合は、サーフィンスクールなどもあるので検討してみましょう。海は予想できない危険も多いので、初心者は1人で行くことは避けましょう。1人で行く前に天気の変化や潮の満ち引きなどの知識が身につけるのが大事です。またサーフィンは基本的な道具を良いすれば経験できますが、いくつか持っておくと便利なアイテムも存在します。まずポリタンクです。

サーフィンをする場所にシャワーがあるとは限らないのでお湯や水などを入れて持参しましょう。次に電動シャワーも持っておくと安心です。車のシガーソケットで使うことができ、ポリタンクを持ち上げることが難しい方でも利用できます。シャワーがあることで着替えがとても楽になるのでおすすめです。車でサーフポイントに向かうならば、海用のキーホルダーを準備しましょう。

車のキーを入れて首からさげて海に行くことができます。次に初心者のうちはテイクオフやパドリングができるようになるまで、同じポイントで練習するのがおすすめです。同じポイントの方が波の変わり方も学びやすく、上達が早いです。最初のホームポイントを選ぶコツですが、通いやすく移動時間がかからない場所にすることです。そして、サーフィンの初心者が多く練習しやすい環境の場所にしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *