波乗り前に覚えておきたいサーフィンテクニック

波に乗る前にまずマスターしておかなければならないサーフィンの基礎テクニックというものがあります。

サーフボードの上に腹ばいになり両腕でこぎながら海面を進むのがパドリングですが強いパドリングができれば波をとらえて乗り始めるテイクオフも早くできるようになります。ボードに乗る位置やクロールのように腕をかくストロークをまずは確認しておくことが大事です。サーフィンボードに腹ばいになったら胸をそらせてボードから離し、顔はあごを引き気味にして前方を見ます。お腹と両ももの3点でバランスをとるようにするのがポイントです。腕は肩に力が入らないようにヒジをまげて動かします。

また、水をかく時だけ力を入れてその反動を利用して腕を水中からあげるという動作をリズミカルにおこなうとムダな力を入れなくてすみます。そして、パドリングするときはボードの側面のレールに沿ってハの字に腕を動かしている人が多いですが、これでは力が入りにくく、疲れてしまう上に前にあまり進まないので、実際はサーフィンボードの横幅と平行するようにストロークするのが効果的です。

このとき、平行というよりはソの字を書くようにするとより力がはいりやすくなります。正面から見るとボードの先端であるノーズが顔のほぼ中心にきていて左右のバランスを取りながらリラックスした状態でパドリングするのがよく、手首には力を入れずにヒジの回転でリズミカルにパドルし後方にかくストロークは最後までしっかりとおこなうと安定します。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *