個人で行うコウモリ撃退法

コウモリは夜行性のため、夕暮れぐらいから巣穴を飛び出し、エサを捕食しに行きます。


餌となっているものは、ユスリカやゴキブリなどで、私たち人間にとって害をなすもののため、退治してくれるコウモリは、益獣とも言われています。
しかし、コウモリ自体にもウィルスや細菌など、人間にとって害をもたらす病原体を保有しているのも事実です。



日本のコウモリは、アブラコウモリという種類で、性質は大人しく人間を直接攻撃してくることはありません。
しかし、フンなどに含まれている病原菌を人間が吸い込んで、病気になってしまう可能性が高いのです。

アブラコウモリは、体長が約5cm前後で、体重は約10g前後程度と非常に小さく軽いです。


約2cmの隙間があれば、入り込むことができるため、暗がりである家や小屋の屋根裏などを棲み処にしてしまいます。


コウモリの排せつ物が溜まり、家の耐久性に影響を与えたり、病原体を吸い込む可能性が増える前に、コウモリ撃退法の対策を行っておくことをおすすめします。


まず、コウモリを勝手に殺す行為は、日本では認められていませんので、現在住み着いている場所から追い払うということがコウモリ撃退法になります。

具体的には、コウモリが嫌がる臭いを出すスプレーや超音波発生器がありますので、その力でコウモリを追い出すことになります。
時期は、コウモリが活発に動く夏場がいいでしょう。

明日に役立つ@niftyニュースについて考えます。

時間帯も活動し始める夕方ごろが効果的です。


また、これらのコウモリ撃退法は、高所での作業を要することがありますので、安全確保は十分に行ってください。