家庭で出来る蝙蝠駆除のやり方

日本で一番よくいるコウモリは体長が五センチほどの小ささで、家屋に少しの隙間があれば侵入してきます。

そして天井裏などに巣を作って住み着いてしまいます。家族で生活するため、いつの間にかコウモリが大量発生していたなどの事例もあります。コウモリは、ただ天井裏に住み着いてフンをまき散らすだけではなく、まき散らしたフンが乾燥して感染症を引き起こしたり、コウモリ自体に寄生したノミやダニが布団などに侵入してしまうなど恐ろしい二次被害を引き起こします。コウモリが侵入してきたときのために家で出来るコウモリ退治について知っておきましょう。


蝙蝠駆除をするにもコウモリは鳥獣保護法のために無許可での殺処分は禁じられています。



なので蝙蝠駆除は家から追い出すことがメインとなります。


まずは、匂いによる追い出しのために「忌避スプレー」を使用し、コウモリを追い出しましょう。

その後、コウモリを完全に追い出したことを確認してから二度と侵入されないようコウモリの侵入口に板などを打ち付けて塞ぎましょう。

鋭い観点からロケットニュース24の有益な情報のご紹介です。

またコウモリを追い出す際にコウモリの嫌がる超音波を発する機械も売られていますので、こちらも併せて使用するのが追い出しやすくなり効果的です。

ご家庭で出来る蝙蝠駆除は主にコウモリを追い出すこと、そして二度と戻ってこないように侵入口を防ぐことの二点に絞られます。



本当に自分で対処しきれないときは、早めに蝙蝠駆除の業者へと相談することをお勧めします。