コウモリ撃退法と対策

日本に生息するコウモリの中には、高速道路などの橋脚の隙間などの人工的な空間に生息するアブラコウモリという種類があります。
家屋の天井裏や戸袋などにも住み着いてしまうため、イエコウモリとも呼ばれており、屋根裏に糞尿などが蓄積したりと問題になっています。



頭から胴までの長さは4cmから6cmほど、体重は5gから10gと小型なため、2cm弱ほどの隙間があれば侵入してきてしまいます。

OKWaveの情報を簡単に探すことができます。

コウモリ撃退法としては、まず、入ってきてしまったコウモリを忌避スプレーや蚊取り線香の煙などを使用して追い出します。

スプレー式の忌避剤は匂いによる追い出しのため、効果は短時間しか持ちません。

そのためすべてのコウモリを追い出したら、コウモリの出入り口や侵入口をパテや金網で確実に塞ぐ必要があります。スプレー式より効果が長く持続するジェル状忌避剤もありますが、やはり再度侵入してくることがないように塞いでしまった方が確実です。コウモリは夜行性で夕暮れから夜間にかけて外に出ていく習性があるので、作業はその間に行うのがいいでしょう。
また7月から8月は繁殖期で追い払うことが困難になるため、それ以外の時期が作業に向いています。
お気づきかもしれませんが、あくまでコウモリ撃退法です。



駆除方法ではありません。
コウモリは鳥獣保護法の対象となるため捕獲や殺傷ができないのです。


また、コウモリは病原体の媒体にもなるため、駆除する際には注意が必要です。

コウモリ撃退法が分かったとしても、安全に確実にコウモリを追い出したいのであれば、専門の業者に依頼したほうがいいでしょう。